二重整形に挑戦しよう【半永久的に二重のラインを作ることができる】

MENU

ダウンタイムを把握しよう

眼

腫れる期間をチェック

パッチリとした二重まぶたに憧れる人も多いようですが、今は美容整形で一重まぶたや奥二重も二重にできる時代です。名古屋市内にある美容外科クリニックにも、二重整形術を受けるために毎日、多くの患者さんがカウンセリングを受けています。目元の印象は美容整形でいくらでも変えることができるので、悩んでいる人は名古屋市内の美容外科クリニックに相談してみてはいかがでしょう。いくつかある名古屋市内の美容外科クリニックでは、二重のラインを作る美容整形として大きく、埋没法と切開法という施術が行われています。埋没法はメスを使わないプチ整形で、糸でまぶたを固定するだけの簡単な施術法ということもあり、美容整形初心者の人でも比較的施術を受けやすいのが特徴です。切開法はまぶたをメスで切開し縫合してラインを作る施術法で、クッキリとした二重のラインを希望する人に向いています。ポピュラーな埋没法と切開法ですが、施術を受けるにあたりダウンタイムの存在があることは、覚えておかなければいけません。ダウンタイムとは施術を受けた後に腫れや痛みが出る期間のことで、メスを使う美容整形だけでなくプチ整形にも存在しています。埋没法の場合、強い腫れが出る期間は施術後約3日程度で、1週間程度過ぎればほぼ腫れは気にならなくなるでしょう。切開法はまぶたを切開・縫合するため、埋没法よりダウンタイムは長めとなり強い腫れは、約1週間から2週間程度続きます。名古屋市内で二重整形術に挑戦する場合は、ダウンタイムを考慮して施術を受けるタイミングを決めることが大切です。

Copyright© 2018 二重整形に挑戦しよう【半永久的に二重のラインを作ることができる】 All Rights Reserved.